障がいのあるお子さまをもつ家庭を支えるため、自立の支援と充実した日常生活をサポートします。

児童発達支援・放課後等児童デイサービスとは

ろはすの家は、児童福祉法としての施設です。

障がいのある子どもたちが通うための施設で、3歳(未就学児)~18歳の就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)が、学校の授業終了後や夏休みや冬休みなどの長期休暇中に通う施設です。

学校外で集団生活を行う機会や居場所をつくり、障がいのあるお子さまをもつ家庭を支えるために、利用児童ひとりひとりに合った自立の支援と日常生活の充実のための活動をサポートをさせていただきます。

先頭に戻る